Skip to main content

食品官能審査

食品官能審査は一つの学問分野で、訓練された人間の感覚器官による食品の客観的な評価に取り組みます。工業や手工業における製品開発、製造、品質保証、また研究や官公庁による監視(たとえば食品監視)などの分野に投入されます。

官能分析

官能分析は、それ自体が独立した分析審査です。その意義という点で、ほかの審査方法(微生物学的、化学的、物理学的分析など)に比肩する重要性を持っています。
官能審査は、DINとISOの規格に準拠して認証されている科学的な基準をもとに、専門的な観点から適正に実施されます。
DLG食品テストセンターは分析的な審査を実施します。審査は事前に各製品分野の訓練を受けた官能検査の専門家(エキスパート)のみが実施します。

食品官能審査は食品品質のために何ができますか?

  • 食品官能審査は、食品の品質判定で中心的な役割を演じます。
  • 食品製造者は、製品・品質保証分野に食品官能審査を投入します。
  • 官能審査では、使用されている原料の品質と製造工程を遡って推測することが可能です。
  • 官能審査は、製品の賞味期限を定めるために投入されます。それは、微生物の働き、保管温度または光の作用により、食品の官能特性が変化するためです。

消費者にとって食品の官能特性にはどのような意味がありますか?

  • 食品の見た目とにおいと味は食の楽しみを左右します。ある食品または料理を選択し享受するために、感覚による印象は決定的です。これは食への反応に後々まで影響を及ぼし、食品品質への意識を研ぎ澄まします。

 

 

お問い合せ

Contact

DLG TestService GmbH, Certification Unit, Location: Frankfurt am Main • Tel. +49 69 24788-351 • food@DLG.org