Skip to main content

DLGは毎年下記の食品・飲料分野のコンテスト(品質競技会)を開催します。

これらの審査の中心には、食品の官能特性(外観、食感、におい、味)の分析があります。そのほかの重要な審査基準には、調理審査、パッケージ・表示審査、化学的、微生物学的、物理学的分析があります。
DLG賞を獲得するために、食品はまず化学的、微生物学的、物理学的審査と調理審査、パッケージ・表示審査に合格する必要があります。引き続き実施される官能審査は、学術界および生産現場出身の専門家により、5段階評価スキーム「DLG 5-Punkte-Schema®」に従って実施されます。
各製品の官能特性(外観、食感、におい、味など)が、金、銀、銅いずれかの賞の受賞を決定付けます。
DLGコンテスト(品質競技会)は全食品メーカーに自由意志で参加する道が開かれています。審査される製品毎に徴収される審査料は、審査の準備(官能審査のための専門的観点から適正な製品の調理など)と分析試験、パッケージ・表示審査の種類と規模により異なります。
メーカーは、全製品の審査結果を受け取りますが、その中には、挙げられた欠点や不具合をどのように改善できるか、という指摘が含まれています。受賞製品のみが発表されるのは、競技会への参加が自由意志によるためです。

お問い合せ

Contact

DLG TestService GmbH, Certification Unit, Location: Frankfurt am Main • Tel. +49 69 24788-351 • food@DLG.org

パンフレット: